読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融と工学のあいだ

興味関心に関するメモ(機械学習、検索エンジン、プログラミングなど)

JavaによるRESTfulシステム構築(2) ~RESTfulサービスの設計~

目的

  • RESTfulな分散システム構築の勉強がしたい
  • Restの実現方法の1例を学習したい
  • Javaに触れてみる

概要

  • 架空のEコマースWebストアを設定し、簡単なオーダーエントリーシステムに対応するRESTfulインタフェースを定義してみる
    1. オブジェクトモデルをチェック
    2. 分散IFを追加
    3. URI定義
    4. データフォーマットの定義
    5. HTTPメソッドの設計

オブジェクトモデル

  • ユーザー機能駆動等でオブジェクトを列挙したい
    • Order
    • Customer
    • LineItem
    • Product

URIのモデル化

  • 分散IFを作成するためには、システム内に分散する各エンドポイントを定義することが必要。
  • RESTfulでは通常エンドポイントをリソースと呼び、URIを使って表現する。
    • /orders
    • /orders/{id}
    • /products
    • /products/{id}
    • /customers
    • /customers/{id}
  • URI設計について
    • URIはミニRPCメカニズムとして使用されるべきではなく、各操作(関数)を示すべきではない
    • HTTPメソッドとデータ構造を組み合わせて、分散RESTfulシステムの操作が一意に鳴るように設計すべき

データフォーマットの定義

  • ネットワーク経由でクライアントに送るリソースを決める必要がある。
  • 通常はschemaでデータ構造を定義し、そのデータ構造にあったデータをやり取りする。

選択肢

HTTPメソッドの割当

  • 個々のリソースに公開するHTTPメソッドと、その役割を定義する。
  • 必要十分な機能を各リソースに割り当てるために必要である

全オーダー、全顧客、全製品の参照

  • リソース
    • /orders
    • /products
    • /customers
  • GET
    • GET /products HTTP/1.1
    • GET /products?startIndex=o&size=5 HTTP/1.1

各オーダー別、各顧客別、各製品別のデータ取得

  • リソース
    • /orders/{id}
    • /products/{id}
    • /customers/{id}
  • GET
    • GET /orders/232 HTTP/1.1

オーダー、顧客、製品の作成

PUT

  • リソース
    • /orders/{id}
    • /products/{id}
    • /customers/{id}
  • PUT
    • PUT /orders/233 HTTP/1.1

POST

  • リソース
    • /orders
    • /products
    • /customers
  • POST
  POST /orders HTTP/1.1
  Content-Type: application/xml

  <order>
    <total>199.02</total>
    ...
  </order>

オーダー、顧客、製品の削除

  • DELETEを使う

オーダーのキャンセル

DELETEの意味のオーバーロード(あんまりよくない)

  • リソース
    • /orders
  • DELETE
    • DELETE /orders/233?cancel=true

状態と操作

  • ある操作がリソースの状態である場合、その状態をデータフォーマット内に定義するべき
  PUT /orders/233 HTTP/1.1
  Content-Type: application/xml

  <order>
    <total>199.02</total>
    <cancelled>true</cancelled>
    ...
  </order>
  • cancelledのデータを一掃する
    • POST /orders/purge HTTP/1.1

keyword

  • エントリーポイント
    • エントリーポイントとは、プログラムを実行するうえで、プログラムやサブルーチンの実行を開始する場所のこと。プログラム全体のエントリーポイントとなる場所を含むルーチンがメインルーチンである。C言語の標準では、mainという名前の関数(の先頭)がエントリーポイントであり、各関数のエントリーポイントは、それぞれの関数の先頭である。

  • エンドポイント
    • エンドポイント、というのは「きわ」という意味。クライアント側とサーバ側の境界線のところがエンドポイント。