読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融と工学のあいだ

quantsの知識をつけるために工学と金融について情報発信します

AWSでwebサーバーを立ててみた

目的

  • webサーバーを立てたことがないので立ててみる
  • ついでに色々動かして遊んで見る

手順

  • リンクの1に従って作業する。

ネットワーク設定

VPC作成

  • [VPCの作成]で作成

サブネット作成

  • [サブネット]->[サブネットの作成]でサブネットを作成
  • この時、10.0.1.0/24をwebサーバーを置く、publicなサブネットワークとして作成

インターネット接続

  • 上記vpcにインターネットを接続する

ルーティング情報を設定

サーバ設定

インスタンス作成

ssh接続

ファイアウォール設定

  • インバウンドルールでHTTPによるポート80のアクセスを許可

調べたこと

VPCとは

  • Amazon Virtual Private Cloud のこと

    独自の IP アドレス範囲の選択、サブネットの作成、ルーティングテーブルとネットワークゲートウェイの設定など、仮想ネットワーク環境を完全にコントロール

VPC作成したらいろんな項目が出てきた

  • CIDR
    • Classless Inter-Domain Routingのこと。

      Classless Inter-Domain Routing(CIDR、サイダー)は、インターネット上のルーターにおけるルーティングテーブルの肥大化速度を低減させるための機構であり、ISPや組織にクラスA、B、Cを全部ではなく部分的に割り当てることでIPアドレスの浪費を防ぐ機構である。CIDR記法でアドレスを記述でき、アドレスの集約的表現が可能で、アドレスブロックの委譲も容易である。

  • DHCPオプションセット
    • デフォルトでは、デフォルトではない VPC 内のすべてのインスタンスが、AWS によって割り当てられた解決できないホスト名を受け取ります (ip-10-0-0-202 など)。
    • インスタンスに独自のドメイン名を割り当て、独自の DNS サーバーのうち 4 台までを使用できます。そのためには、特別な DHCP オプションセットを指定する必要があります。
  • ルートテーブル
    • 各サブネットのルーティングに関するルール
  • ネットワークACL
  • デフォルトVPC
    • すぐにインスタンス作成可能なデフォルト設定のVPC
    • アカウント作成時からある

リンク

qiita.com

qiita.com