読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融と工学のあいだ

quantsの知識をつけるために工学と金融について情報発信します

JavaによるRESTfulシステム構築(2) ~RESTfulサービスの設計~

目的

  • RESTfulな分散システム構築の勉強がしたい
  • Restの実現方法の1例を学習したい
  • Javaに触れてみる

概要

  • 架空のEコマースWebストアを設定し、簡単なオーダーエントリーシステムに対応するRESTfulインタフェースを定義してみる
    1. オブジェクトモデルをチェック
    2. 分散IFを追加
    3. URI定義
    4. データフォーマットの定義
    5. HTTPメソッドの設計

オブジェクトモデル

  • ユーザー機能駆動等でオブジェクトを列挙したい
    • Order
    • Customer
    • LineItem
    • Product

URIのモデル化

  • 分散IFを作成するためには、システム内に分散する各エンドポイントを定義することが必要。
  • RESTfulでは通常エンドポイントをリソースと呼び、URIを使って表現する。
    • /orders
    • /orders/{id}
    • /products
    • /products/{id}
    • /customers
    • /customers/{id}
  • URI設計について
    • URIはミニRPCメカニズムとして使用されるべきではなく、各操作(関数)を示すべきではない
    • HTTPメソッドとデータ構造を組み合わせて、分散RESTfulシステムの操作が一意に鳴るように設計すべき

データフォーマットの定義

  • ネットワーク経由でクライアントに送るリソースを決める必要がある。
  • 通常はschemaでデータ構造を定義し、そのデータ構造にあったデータをやり取りする。

選択肢

HTTPメソッドの割当

  • 個々のリソースに公開するHTTPメソッドと、その役割を定義する。
  • 必要十分な機能を各リソースに割り当てるために必要である

全オーダー、全顧客、全製品の参照

  • リソース
    • /orders
    • /products
    • /customers
  • GET
    • GET /products HTTP/1.1
    • GET /products?startIndex=o&size=5 HTTP/1.1

各オーダー別、各顧客別、各製品別のデータ取得

  • リソース
    • /orders/{id}
    • /products/{id}
    • /customers/{id}
  • GET
    • GET /orders/232 HTTP/1.1

オーダー、顧客、製品の作成

PUT

  • リソース
    • /orders/{id}
    • /products/{id}
    • /customers/{id}
  • PUT
    • PUT /orders/233 HTTP/1.1

POST

  • リソース
    • /orders
    • /products
    • /customers
  • POST
  POST /orders HTTP/1.1
  Content-Type: application/xml

  <order>
    <total>199.02</total>
    ...
  </order>

オーダー、顧客、製品の削除

  • DELETEを使う

オーダーのキャンセル

DELETEの意味のオーバーロード(あんまりよくない)

  • リソース
    • /orders
  • DELETE
    • DELETE /orders/233?cancel=true

状態と操作

  • ある操作がリソースの状態である場合、その状態をデータフォーマット内に定義するべき
  PUT /orders/233 HTTP/1.1
  Content-Type: application/xml

  <order>
    <total>199.02</total>
    <cancelled>true</cancelled>
    ...
  </order>
  • cancelledのデータを一掃する
    • POST /orders/purge HTTP/1.1

keyword

  • エントリーポイント
    • エントリーポイントとは、プログラムを実行するうえで、プログラムやサブルーチンの実行を開始する場所のこと。プログラム全体のエントリーポイントとなる場所を含むルーチンがメインルーチンである。C言語の標準では、mainという名前の関数(の先頭)がエントリーポイントであり、各関数のエントリーポイントは、それぞれの関数の先頭である。

  • エンドポイント
    • エンドポイント、というのは「きわ」という意味。クライアント側とサーバ側の境界線のところがエンドポイント。

JavaによるRESTfulシステム構築(1)

目的

  • RESTfulな分散システム構築の勉強がしたい
  • Restの実現方法の1例を学習したい
  • Javaに触れてみる

まえがき

RESTの恩恵

JAX-RS(Java API for RESTful Web Service)

1章 RESTについて

アドレス可能性

制約された統一IF

統一IFがなぜ重要なのか

  • 親密性
    • あるリソースに対してどのメソッドが利用できるか正確にわかる
  • 相互接続性
  • 拡張性
    • GETはべき等かつ安全な読み取りメソッドであるため、キャッシュを使える

表現指向

  • 適切な表現を選択できる

ステートレスな通信

HATEOAS

  • アプリケーション状態エンジンとしてハイパーメディアを使用するとうい考え
  • ハイパーメディア
    • ドキュメントフォーマット内に外のサービスへのリンクと情報を埋め込むため追加サポートを持つドキュメント指向のアプローチ

AWSでWebサーバーを立ててみた(2)

CGIを動かす

CGIとは[1]

ウェブサーバ上でユーザプログラムを動作させるための仕組み。現存する多くのウェブサーバプログラムはCGIの機能を利用することができる。

チュートリアル[2]

  • sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
  • 下記が書いて有ることを確認
ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/"
  • 上記フォルダにperlのコードを置く
$ cat /var/www/cgi-bin/test 
#!/usr/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print "Hello, World.";
  • 全ユーザに実行権限を渡す

リンク

[1] Common Gateway Interface - Wikipedia

[2]Apache Tutorial: CGI による動的コンテンツ - Apache HTTP サーバ バージョン 2.2

AWS上でTensor FlowのUdacityのチュートリアルを動かす

背景

  • 自宅にメモリ8G以上あるLinuxマシンがないのでマシン買わないといけにかなと考えていた。
  • よくよく考えると、AWSとかで使用するときだけインスタンス作ればいいな!ということで、やってみることにした。

目的

手順

インスタンス作成

  • awsで8G以上のインスタンスを作る(無料プランじゃないのでどれくらいかかるのか計算した所、1時間1ドルもかからないよう。)
  • Led Hatでつくった。
  • sshでログインできることを確認。
  • 任意の8888番ポートに対するTCPアクセスを許可

Dockerのインストール

Tensor Flowのコンテナの展開

sudo docker run -p 8888:8888 --name tensorflow-udacity -it gcr.io/tensorflow/udacity-assignments:0.6.0
  • http://{hostname}:8888 でアクセス f:id:kumechann:20161119130502p:plain

リンク

github.com

docs.docker.com

AWSでwebサーバーを立ててみた

目的

  • webサーバーを立てたことがないので立ててみる
  • ついでに色々動かして遊んで見る

手順

  • リンクの1に従って作業する。

ネットワーク設定

VPC作成

  • [VPCの作成]で作成

サブネット作成

  • [サブネット]->[サブネットの作成]でサブネットを作成
  • この時、10.0.1.0/24をwebサーバーを置く、publicなサブネットワークとして作成

インターネット接続

  • 上記vpcにインターネットを接続する

ルーティング情報を設定

サーバ設定

インスタンス作成

ssh接続

ファイアウォール設定

  • インバウンドルールでHTTPによるポート80のアクセスを許可

調べたこと

VPCとは

  • Amazon Virtual Private Cloud のこと

    独自の IP アドレス範囲の選択、サブネットの作成、ルーティングテーブルとネットワークゲートウェイの設定など、仮想ネットワーク環境を完全にコントロール

VPC作成したらいろんな項目が出てきた

  • CIDR
    • Classless Inter-Domain Routingのこと。

      Classless Inter-Domain Routing(CIDR、サイダー)は、インターネット上のルーターにおけるルーティングテーブルの肥大化速度を低減させるための機構であり、ISPや組織にクラスA、B、Cを全部ではなく部分的に割り当てることでIPアドレスの浪費を防ぐ機構である。CIDR記法でアドレスを記述でき、アドレスの集約的表現が可能で、アドレスブロックの委譲も容易である。

  • DHCPオプションセット
    • デフォルトでは、デフォルトではない VPC 内のすべてのインスタンスが、AWS によって割り当てられた解決できないホスト名を受け取ります (ip-10-0-0-202 など)。
    • インスタンスに独自のドメイン名を割り当て、独自の DNS サーバーのうち 4 台までを使用できます。そのためには、特別な DHCP オプションセットを指定する必要があります。
  • ルートテーブル
    • 各サブネットのルーティングに関するルール
  • ネットワークACL
  • デフォルトVPC
    • すぐにインスタンス作成可能なデフォルト設定のVPC
    • アカウント作成時からある

リンク

qiita.com

qiita.com

Bootstrapを用いて為替商品計算ツールインタフェースをつくったみた!

イントロ

目的

  • 日々の業務でもどうせなら流行りのwebアプリにのったものを使いたい
    • 見た目の美しいインタフェース
    • 自由自在で使い勝手の良いインタフェース
    • 端末に関係なく使えるwebアプリ

現状

  • エクセルツールとかいうダサいインタフェース。
  • UI用ライブラリ使ったアプリもあるけど依然としてダサいし、保守がめんどうだ

問題点

  • 見た目が美しくなく良いユーザエクスペリエンスが期待できない
  • 表計算ツールをインタフェースにするというだささ
  • 端末依存甚だしい

解決策

  • 更新が容易なweb UIスキームを用いて、UIを作ろう!
    • なぜなら、
      1. 見た目が美しい
      2. 更新が容易
      3. 端末依存がない

Bootstrapとは

Bootstrap

  • Twitter社が開発したCSSフレームワーク
  • メリットは?
    • レスポンシブルなwebデザインに対応している *
      • CSS3のメディアクエリを利用して、 レスポンシブルにブラウザの横幅サイズを変更できる
    • 追加要件に容易に対応できる *
    • 全体のデザインのバランスが崩れない *

Bootstrapを使ってみよう

準備

  • このページに従って準備を行った

Fx Calculatorをつくってみた

  • 依然としてダサいがまあデザインは後で改良するとしてこんな感じ

    <!DOCTYPE html> Bootstrap Sample

      <header style="background-color:white">
            <h1>Fx Calculator</h1>
      </header>
      <div class="container-fluid">
        <div class="row">
          <div class="col-sm-4" style="background-color:gray;">
            <h3>Today</h1>
            <div class="form-group">
              <lable for="today">Today</lable>
              <input type="date" class="form-control" id="today">
            </div>
            <div class="form-group">
              <lable for="spot-rate">Spot Rate</lable>
              <input type="value" class="form-control" id="spot-rate" value="100.0">
            </div>
            <h3>Model</h1>
            <div class="form-group">
              <lable for="drift">Drift</lable>
              <input type="value" class="form-control" id="drift" value="0.0">
            </div>
            <div class="form-group">
              <lable for="volatility">Volatility</lable>
              <input type="value" class="form-control" id="volatility" value="0.0">
            </div>
            <h3>Contract</h1>
            <select class="form-control">
              <option>FxForward</option>
              <option>FxCallOption</option>
              <option>FxPutOption</option>
            </select>
            <div class="form-group">
              <lable for="strike">Strike</lable>
              <input type="value" class="form-control" id="strike" value="0.0">
            </div>
            <div class="form-group">
              <lable for="delivery">DeliveryDate</lable>
              <input type="date" class="form-control" id="delivery">
            </div>
          </div>
          <div class="col-sm-8" style="background-color:white;">
            <h3>Result</h1>
          </div>
        </div>
      </div>
      <footer style="background-color:gray">
          <button type="button" class="btn btn-primary btn-lg btn-block">Calculate</button>
      </footer>
    </body>
    

Pythonによるデータ分析入門 その1

Intro

随分前にPythonのPandasというライブラリを使用して金融データの分析をしようと言いましたが、新社会人生活も忙しくなかなか手が出せませんでした。他にも勉強しないといけないことはありますが、ちょくちょくやっていきたいと思います。

以前、Pandas:python用データ解析ライブラリ - 金融と工学のあいだのブログで紹介したように、早速

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

を購入してみました。